勢いで入籍!それは間違い 正式な結婚への道のり
 トップページ →ドレス基礎知識

ドレス基礎知識

ウエディングドレスの歴史と用語集を紹介します。

ウエディングドレスの歴史は、古代ローマ帝国の時代までさかのぼります。
ヨーロッパに広まったキリスト教がもとになり、広まったといわれています。

当時は、ウエディングドレスは富や豊かさを誇示するもので、贅沢品であったといわれています。
ドレスには、家の紋章などを金糸などで刺繍し、様々な宝石を縫い付けたりしていました。

■レンタル
貸衣装のこと。ホテルや、業者からレンタルします。購入すると、それなりの金額かかるので、レンタルする人は多いです。

■オーダーレンタル
オーダーメイドでドレスをつくり、店に返却するシステムのことです。レンタルよりは高くなりますが、購入するよりは安くなります。

■セルドレス
販売しているドレスのことです。輸入ものがおおく、値段もリーズナブルになってきましたが、レンタルと違い、小物は付きません。ドレスのみとなります。

■サイズオーダー
何種類かあるデザインのなかから選び、自分のサイズに合わせてドレスをつくります。

■セミオーダー
サンプルのデザインを参考にしながらオーダーメイドするシステムです。場合によってはサイズオーダーとあまり変わらないこともあります。

■フルオーダー
完全オーダーメイドのドレス。デザイナと打ち合わせをし、1から決めていきます。

■トレーン
ドレスの引き裾のことで、後ろに引きずるドレスの裾の部分を言います。長いバージンロードの場合は、長いトレーンが似合います。

■バッスルスタイル
スカートの腰の後ろの部分を膨らませたスタイルのこと。

結婚式までの流れ

結婚式まで、そのような流れなのかを考えてみましょう。この挨拶の方法ですが、相手のご両親の都合を聞きます。このとき、女性宅の場合は、女性が、男性宅の場合は男性が都合を聞きます。

指輪について

ここでは結婚指輪と婚約指輪の違いを説明します。通常、男性は結婚までに3つ指輪を買うことになります。ドラマでは、ものすごく高そうな指輪をプロポーズの際に渡していることが多いですが、プロポーズした後に二人で買いに行くのが普通です。

ドレス基礎知識

ウエディングドレスの歴史と用語集を紹介します。ウエディングドレスの歴史は、古代ローマ帝国の時代までさかのぼります。ヨーロッパに広まったキリスト教がもとになり、広まったといわれています。

結婚の諸手続き

ここでは結婚に必要な手続きに関して説明したいと思います。まずは。婚姻届けです。婚姻届けを提出する場所は、どちらかの本籍または、新居のある市町村の役所になります。書類はその役所でもらいます。

クラウドソーシングhttp://www.craudia.com/
胡蝶蘭お祝いhttp://www.kochoran-hikaku.jp/
ポイントサイト 稼ぐhttp://point.i2i.jp/