勢いで入籍!それは間違い 正式な結婚への道のり
 トップページ →結婚の諸手続き

結婚の諸手続き

ここでは結婚に必要な手続きに関して説明したいと思います。

まずは。婚姻届けです。
婚姻届けを提出する場所は、どちらかの本籍または、新居のある市町村の役所になります。
書類はその役所でもらいます。

必要書類は下記になります。

 ・婚姻届け
 ・戸籍標本
 ・夫婦の印鑑
 ・身分証明書

婚姻届けは、365日24時間受付をしています。なので、自分たちの好きなタイミングで提出することができます。

また、新しい新居に住むためには、転入届けを出す必要があります。これは、引っ越しをしてから14日以内に提出しなくてはなりません。

その他、結婚時に、国民年金の手続きをしなくてはなりません。ただし、全ての人に国民年金の手続きが必要なわけではありません。

結婚相手が自営業や農業の場合、または、厚生年金や共済組合に加入していて、その被保険者の扶養家族になる場合は、手続きが必要となります。

これらの手続きをするためには、最寄りの役所に行って、「国民年金第3号被保険者届け」をもらいます。そして必要事項を記入した上で、最寄りの役所に提出してください。

また、戸籍も変わるので、その手続きもしなくてはなりません。本籍を変更する場合、親の戸籍から削除されることになります。そして、結婚相手と新たな戸籍をつくることになります。

通常は、婚姻届けを提出すれば、新しい夫婦の戸籍が登録され、古い戸籍から削除するという手続きは自動的に行われます。


そのため、戸籍のみ別途手続きを行う必要は特にありません。

結婚式までの流れ

結婚式まで、そのような流れなのかを考えてみましょう。この挨拶の方法ですが、相手のご両親の都合を聞きます。このとき、女性宅の場合は、女性が、男性宅の場合は男性が都合を聞きます。

指輪について

ここでは結婚指輪と婚約指輪の違いを説明します。通常、男性は結婚までに3つ指輪を買うことになります。ドラマでは、ものすごく高そうな指輪をプロポーズの際に渡していることが多いですが、プロポーズした後に二人で買いに行くのが普通です。

ドレス基礎知識

ウエディングドレスの歴史と用語集を紹介します。ウエディングドレスの歴史は、古代ローマ帝国の時代までさかのぼります。ヨーロッパに広まったキリスト教がもとになり、広まったといわれています。

結婚の諸手続き

ここでは結婚に必要な手続きに関して説明したいと思います。まずは。婚姻届けです。婚姻届けを提出する場所は、どちらかの本籍または、新居のある市町村の役所になります。書類はその役所でもらいます。

出会いlove-koi.com
胡蝶蘭http://www.kochoran-hikaku.jp/
稼げる副業http://point.i2i.jp/